2013年 12月 06日
スパリゾートハワイアンズ
11月30日(土)福島県、いわき市に有る”スパリゾートハワイアンズ”で温泉とフラダンス鑑賞を楽しんできました。

私たちの年代ですと”常磐ハワイアンセンター”の方がピンときます、さすがに常時28度℃に保たれたドームの中は裸の家族連ればかりで、温泉に入った後冬支度の我々にとっては蒸し風呂地獄に入った様な錯覚を覚えます。

さてフラダンスショーが始まりましたが、流れる汗を拭き拭き撮影してきました。
c0105807_14552098.jpg

c0105807_14562127.jpg



c0105807_14581128.jpg

c0105807_1458244.jpg



c0105807_14584315.jpg


写真クラブ(城西フォトクラブ)の15周年記念と言う事で、往復のバスの中そしてハワイアンズ内での豪華昼食会でたっぷり水分を補給している我々は、コートを脱ぎ長袖をまくり上げカメラザックを背負ってドーム内を移動している間に既に汗だく状態、カメラを手にショーの開演待ちから2枚のハンカチは絞れるほどで、目の前に座っている裸族の方々が羨ましい。

結局すべて手持ち撮影でした。

月末の土曜日、都心に向かう車は大渋滞、帰宅は遅くなりましたが大変楽しい撮影会となりました。

 幹事の方々、そして何より外環道に入れず首都高回りで大渋滞の中を長時間運転の運転手さんお疲れ様でした、有難うございました。

(1部はオリンパスカメラ E-PL5で撮影しました。)
[PR]

# by chip_of_schna0162 | 2013-12-06 15:18 | 旅行
2013年 11月 25日
小金井公園の池
数十年、何度も足を運んで楽しんでいる小金井公園に池が有る事を初めて知りました、また紅葉も楽しめる場所も教えていただきましたが、たてもの園、梅、桜を楽しむことやワンコの散歩程度でしたから大変驚いた次第です。

先日20日の水曜、朝食を済ませて自転車で行ってみました、公園北側はあまり足を踏み入れる場所ではなかったのですが、サイクリングロードから少し外れた処に池が有りました。
立ち入り禁止の柵が有る雑木林の裏手になり、静かで落ち着いた雰囲気を醸し出し、水鳥達が水面で静かに休んでいます。

柵に囲まれた浅いコンクリート底の池ですが枯れる事無く水鳥達にとっては素晴しい憩いの場所なんでしょうね。
c0105807_11371079.jpg

小魚が跳ねるのでしょうか、はたまた木の実が落ちるのでしょうか?、ポチャッと音がして水面に波紋が広がります。
c0105807_11401811.jpg


鳥たちも池の周辺に柵が有り安心して静かに居眠りをしています。
c0105807_11422963.jpg

水面の苔に陽が差して綺麗でした。
c0105807_1144794.jpg



蒸気機関車の展示場近くに大きなモミジの林が有り、赤、橙、緑の葉が重なるように競い合っています。
c0105807_11495321.jpg


紅葉と池の存在を教えて下さった、写真クラブの先輩方に感謝です。
[PR]

# by chip_of_schna0162 | 2013-11-25 11:55 | 庭園 公園
2013年 11月 25日
栃木県足利、佐野方面の紅葉-2
11/18、佐野市出流町の満願寺から戻るように足利市に向かいます。

足利尊氏氏邸宅跡に建立された「鑁阿寺の大銀杏と足利学校」を訪れました。
c0105807_10165948.jpg


本堂は国宝に指定されています。(左に見えるのが大銀杏です。)
c0105807_8492630.jpg

柵の外からでも根元から2本に分かれて成長した太い幹がメインになって撮れてしまいます。(APS-C素子に16mmレンズ(35㎜換算で24mm)でも画面に全貌が入りません。
c0105807_914541.jpg


かなり離れて撮影です。
c0105807_933332.jpg

大銀杏から多宝堂を撮影。
c0105807_972217.jpg


此方でも紅葉が綺麗です。
c0105807_984435.jpg

時間が無く??(と言うより疲れたので!、)足利学校には入れませんでした。
c0105807_993670.jpg



3ヶ月ぶりの撮影会に参加して、3ヶ所も案内していただきましたが、2ワンコの散歩程度で過ごしてきた足には堪えました、早めにバスに戻りましたが暖かかったのか、脂汗なのか分かりませんが全身汗びっしょりになっていました。
(衰えた筋肉は毎日鍛えて置かないと直ぐに弱ってしまいますね。)

久し振りに、クラブの皆さんと一緒に楽しい1日を過す事ができました。
[PR]

# by chip_of_schna0162 | 2013-11-25 09:26 | 紅葉 黄葉
2013年 11月 21日
栃木県足利、佐野方面の紅葉-1
約3か月のご無沙汰でした、申し訳ありません。

 嫁いだ娘が切迫早産の恐れ有り予定の帰国日(9/6)は不可能との事、約2週間予定を早めて帰国(8/25)、翌日 日赤病院で検診の結果、即刻入院しトイレも看護師さんに依頼して車椅子、"歩くな力むな絶対安静"の指示。
毎日点滴して10/9退院、陣痛を待つも気配なし、徐々に血圧上がりTelすると [入院準備して来院] 指示有り.
10/18再入院、降圧剤点滴。
 土日明けの10/21(月)血圧が正常値に回復したので陣痛促進剤を点滴し11時陣痛、再入院の翌朝一番の便で来日した娘の亭主立会いの下、午後1時32分無事女の子を出産しました。

予定日より半月早くの出産でしたが、順調に育ち早くも1か月近く経ちました、撮影会にも参加出来ず悶々としていましたが、11月18日安心して紅葉の撮影会に参加できました。 


栃木県蓬莱山の紅葉、佐野市出流町の満願寺、足利市の足利尊氏邸宅跡に建立された鑁阿寺の大銀杏、と峠を超えて走り周ります。

蓬莱山の川面に映える紅葉
c0105807_1483213.jpg

c0105807_1485983.jpg


c0105807_149534.jpg

この後、峠を越えて満願寺に向かいます。

出流町満願寺の紅葉
c0105807_14113433.jpg


境内に流れる小川の壁面にはまだシュウカイドウが咲き残っています。
c0105807_141398.jpg

願掛けの奉納おキツネさん
c0105807_14143473.jpg


この後は戻るように足利市に向かいます。

-2に続く

 
川面の写真はK-5+FA77mm F1.8で撮影。
[PR]

# by chip_of_schna0162 | 2013-11-21 11:40 | 紅葉 黄葉
2013年 08月 19日
津南町のひまわり・竜が窪の湧水池
もう20日ほど前になってしまいましたが、7月31日 新潟県コシヒカリの産地、中魚沼郡津南町のひまわり、名水百選に選ばれた竜が窪の湧水池を見学、帰りは幹事さんの発案で湯沢高原に立ち寄り高山植物を撮影と、盛りだくさんの楽しい日帰り撮影会に行ってきました。

石打から峠を越えて十日町に入り、竜が窪に一直線です。

(一部の写真はWクリックすると拡大してご覧いただけます、画面が変って写真右下の+キーをクリックするとさらに拡大します。(+キーが出ない写真は拡大できません。))

さすが名水百選に選ばれた湧水は甘い軟水を飲んでいるように渇いたのどを潤します。
c0105807_2019749.jpg

この竜が窪の湧水量は43000t/日との事で、10m先も見えるほどの透明な水を透して見える池底は、苔生してまるで水面の緑映と同様に緑色の池と見まごう程です。
c0105807_2032349.jpg


さて、竜が窪を後にしてひまわり畑に寄りましたが花数も少なく、ちょっぴりさみしい撮影となってしまいました。
c0105807_20383740.jpgc0105807_2039105.jpg


中津川沿いの日本一と言われている河岸段丘を下って津南町に出る途中をバスの中から撮影しました。
段丘を下るヘアピンから中津川を超えて山間の町を撮影。
c0105807_20481982.jpg

中津川の橋を通過後に撮影。
c0105807_2049150.jpg


切り立つ段丘の上に見える建屋の、少し先にひまわり畑が有りました。
c0105807_20493638.jpg

険しい段丘の真下を流れる中津川の手前は緑豊かなコシヒカリの田圃でしょうか。
c0105807_20495757.jpg


津南町から峠を越えて石打に出ると、独身時代に良く来た石打スキー場が見えます。

下から見て左側の急斜面は右側のドルフィンコースと違って、長野県の八方と同様転倒すると下まで落ちて行くと思えるほどの斜面ですが、私の好みの斜面なのでここを下る時には私だけが滑っていた事を覚えています。
(石打スキー場は残念ですが反対の窓側でしたので撮影できませんでした。)

ゴンドラで湯沢高原に上り、そこからバスで植物園に到着、数種類の高山植物を撮影して東京に向かいました。
c0105807_21253338.jpg


津南町はカミさんの母親の里で2度ほど来たことが有り、すっかり場所も忘れてしまいましたが懐かしい風景でした。
田舎(故郷)のある方が羨ましい限りです。

しかし暑かった、湯沢高原でも汗が止まらず、自宅から持参したポカリスェットと昼食と一緒に購入したお茶の合計2本で1リットルの水量も、高原の高山植物園での撮影中に空っぽとなりました。
[PR]

# by chip_of_schna0162 | 2013-08-19 21:44 | 自然
2013年 07月 12日
真蔵院の古代ハス
もう5日も過ぎてしまいましたが、9日(火)ワンコの散歩を終えて朝食を済ませ、ふと小金井公園正面入り口近くのお寺さんで古代ハス開花のブログ記事(ブログタイトル写真紀行さん)を思い出し、バッグに35mmマクロレンズを付けたデジイチを入れて行ってきました。


自転車ですから到着時はAM8:30過ぎ、自転車のスタンドを掛ける間に滝のような汗がメガネに落ちる有様。
c0105807_992778.jpg

90mmマクロも持参しましたが、交換する気力も無く汗を拭く事とシャッターを押す事との競争です。
c0105807_9102125.jpg

35mmマクロですから90mm程の背景ボケは望めませんが諦めました。
c0105807_9111998.jpg


取敢えず5~6枚撮影して帰宅を急ぎます、帰宅時にはタオル時のハンカチも既にビショビショ、この暑さではサイクリングも危険ですね、早速シャワーのお世話になりました。
[PR]

# by chip_of_schna0162 | 2013-07-12 09:20 |
2013年 06月 26日
中禅寺湖畔のクリンソウ
19日(水)、日光 中禅寺湖の千手ヶ浜に群生している可憐なクリンソウを撮ってきました。


4日前からの天気図では当日のみ雨模様、当日朝一番の天気図では12時頃が曇りで後は雨との事。
久し振りに雨中の撮影も良いかもしれないと無理やり納得して出掛けましたが今市IC近くから降り出します。


中禅寺湖を通り過ぎ戦場ヶ原手前の赤沼自然情報センターにバスを止め、自然保護の為に連絡専用のハイブリットバスに乗り換えます、バスを待つ間上がっていた雨がハイブリットバス到着と同時に降り始めました。

雨の中、立ち席も満員のバスは途中で上りバスとの擦れ違い場所を経て白樺林の中を30分ほど走り千手ヶ浜に到着しました、不思議なことに雨も上がっています。

バス停から15分歩き グラグラ揺れる【吊り橋】を渡って約1時間ほど撮影に没頭、時間がとても短く感じるほど充実した1時間でした。(3枚目までPENTAX K-5+TAMRON18-250mmF3.5-6.3)
c0105807_145528.jpg

白、ピンク、赤やモザイク模様?など可憐で鮮やかなクリンソウ達が、その可憐な美を池の周辺で競っています。
c0105807_1461366.jpg


c0105807_1464129.jpg

(4枚目以降、OLYMPUS E-PL5+Wズームキットレンズ)
c0105807_14113496.jpg


写り込みも鮮やかです。
c0105807_1412982.jpg

中禅寺湖も寒々としています、また雨雲が低く垂れこみ始めポツリポツリと降ってきました。
c0105807_142588.jpg


観光船で見物に来られる方も多く帰り船を待っている方が5人ほどいました、桟橋を背にしてバス停に向かいます。
c0105807_14251273.jpg


バスを待つ間に昼食を済ませます、ハイブリットバスが見える頃また本格的に降ってきました、
赤沼自然情報センターで我々のマイクロバスに乗り換え帰路につきます、高速に入ると雨も上がり始めました。
出発した地元の駅前に到着して、雨の中を走る覚悟で乗ってきた自転車に跨り曇り空の町を浮かれ心で帰宅した後のビールは最高でした。

今回は撮影している間だけ、時折り薄日射す曇り空で助かりましたが、どうやら所属する写真クラブの「晴れ男」が参加していたために起こった現象だったようです?。
「晴れ男」さん、有難うございました。
(ハイブリットバスは片道300円、30分ほど掛かります。)

帰宅すると昨年紅葉シーズンに土砂降りの雨に煙る、長野県「御射ヶ池」での撮影会に参加してから調子が悪くなって(レンズ内フォーカスモーターの動作不良)修理に出していたレンズ(PENTAX DA★16-50mmF2.8)が、約17000円弱の修理代で戻ってきました。
(防塵防滴でも土砂降り時はカメラ用レインカバーを面倒臭がらずに使用した方が良いでしょう。)
(私は途中から外してタオルも掛けずに使用していました、インナーズームでないレンズは特に注意が必要です。)
又雨の撮影が楽しみです。
[PR]

# by chip_of_schna0162 | 2013-06-26 15:03 |
2013年 06月 03日
尚仁沢湧水群
ここ、栃木県の塩谷町に在る尚仁沢湧水群の清流は、昭和60年「全国名水百選」に認定された名水で、湧水量は65000トン/日との事です。

5月27日、写真クラブの撮影会で尚仁沢にやってきました。

山あいの駐車場から川沿いに登って行くと、途中から急斜面を登って行く事になります。
c0105807_20412027.jpg

尾根に上ると今度は急な階段を下り、吊り橋を渡ってから再度河原まで急階段を下ります。
c0105807_20412752.jpg


清らかな流れに沿って遊歩道を登って行くと、標高590mで大量に湧き上がる東荒川の湧水源?に辿り着きました。
c0105807_20424447.jpg

ブナの原生林で長い時間を掛けて浄化された清水は絶える事無く湧き上がり、ここから5m程の下流までの間に其処彼処の湧水部から集まった清流は苔生す岩の間を力強く流れ下っていきます。
c0105807_20432066.jpg


c0105807_2044681.jpg

昔、夏山登山では石清水の流れに出会うと、必ず粉末ジュース(懐かしい言葉)を溶かして渇いた喉を潤したものでした、懐かしく思い出します。
c0105807_20442544.jpg


時間を掛けて撮影を終えると、昼食を済ませて駐車場まで尾根道を越えて又 下り、東古屋湖に向かいました。
c0105807_21261179.jpg

この湖は冬季全面氷結しますが、氷結面に特殊な模様が現れるそうです。

湧水源から更に沢を登って行っても水流は無く、高原山系のブナの原生林だけでした、この原生林でじっくり蓄えらた伏流水が湧水となって流れ出しているんですね。



[PR]

# by chip_of_schna0162 | 2013-06-03 18:22 | 自然
2013年 05月 09日
春のバラフェスタ
いよいよ5月11日(土)~26日(日)まで神代植物公園で「春のバラフェスタ」が開催されます。
(5月21日(火)~26日(日)は植物会館ロビーにて「四季の自然写真展(春季)」(協賛・城西フォトクラブ)が並行開催されます、是非とも植物会館ににもお立ち寄りください。)

「四季の自然写真展(春季)」は、5月26日、無事終了いたしました。
沢山の方々にご高覧いただき誠にありがとうございました、10月の「四季の自然写真展(秋季)」もよろしくお願い申し上げます。


昨日8日、雲一つ無い空を見上げて急遽ザックにマクロレンズを入れて神代植物公園に行ってきました。
バラフェスタが始まると三脚(一脚も同様)の使用が禁止となりますし、警備員がばら園会場内を巡回して注意されますので手持ち撮影となります。

入園は11時ごろとなりましたが、フェスティバル直前の為か空いています、しかし急遽飛び出したことで肝心の三脚やC-PLフィルターは忘れるしデジイチのバッテリーも忘れてきています、案の定PENTAX K-5は86枚撮影したところでバッテリーの表示はEND表示となってきました。(1か所で86枚撮れればOKですね。)

バラ園全体で見ると開花状態は未だ40%程度でしょうか、まだ小さな蕾だけの種類も有りますので数種のバラを撮影して、12時30分帰宅準備を始めて退園し早々に引き揚げました。

PENTAX K-5+Tamron 90mmF2.8Macro(272E)で撮影。(4枚)
c0105807_15454943.jpg

c0105807_1546784.jpg


c0105807_15464221.jpg

c0105807_15465641.jpg


以下はサブのミラーレスカメラOLYMPUS E-PL5+マウントアダプター+PENTAX DA35mm F2.8 Macroを付けて手持ち撮影です、(絞りはアダプターの絞りリングで【ヤマ勘】調整です。)
c0105807_15531016.jpg

c0105807_1553144.jpg


c0105807_15535087.jpg


バラフェスタ開催最後の1週間は城西フォトクラブ協賛の【四季の自然写真展(春季)】(開催期間:5/21~5/26) も並行開催されてフェスティバルを盛り上げていますので、御来園の際には是非とも正門左側に有るレンガ造りの【植物会館】までお越しください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  「JPC 城西フォトクラブ写真展」及び2、「神代植物公園春季写真展」

1、   第13回 JPC 城西フォトクラブ写真展はお陰様で5月  19日(日)に終了いたしました。

  約570名の方々にご高覧賜わり、出展者一同大変感激しております。
  お忙しい中をご来場ありがとうございました。
                                      
2、  写真展 名称:「四季の自然写真展(春季)」(協賛・城西フォトクラブ)

   5月26日、無事終了いたしました。
   沢山の方々にご高覧いただき誠にありがとうございました、次回10月(秋季)写真展に向けてより一層努力いたします、
   秋季写真展もよろしくお願い申し上げます。
 
   
                              
                                            JPC 城西フォトクラブ及び出展者一同
[PR]

# by chip_of_schna0162 | 2013-05-09 16:03 |
2013年 04月 30日
空と海と全てがブルーな花の丘 2-2
3連休は真っ青な空にスカイブルーの丘、ここ「国営 ひたち海浜公園」を訪れた来園者の方たちは最高の景色を楽しんだことと思います。

ネモフィラ
の中、丘の頂上を目指して歩く人達の姿もまるで絵の一部の様ですね。
c0105807_10302458.jpg
c0105807_10302315.jpg



以下はOLYMPYS E-PL5で撮影
c0105807_10314899.jpg

所どころに真っ白なネモフィラも咲いています。
(E-PL5+マウントアダプター(絞りリング付)+PENTAX FA77F1.8Ltdで撮影)
c0105807_1032138.jpg



10時過ぎに入園し12時過ぎに集合して昼食をとっていると新婚さんの前撮りでしょうか?、
ネモフィラの丘をバックに撮影を始めました。
その内、新郎新婦それぞれの脇に普段着のご両親が並んで記念撮影です、余りにも微笑ましく思わずカメラを持って撮影しました。
カメラマンの合図で3組の奥さん達が旦那さんにチューする仕草で撮影していました。
c0105807_1046227.jpg




ご両親、そして当のお二人とも最高の記念撮影になったことでしょう、清々しいブルーを背景にそしてご両親の嬉しい笑顔を忘れず、永遠の幸せを願っていますよ。
[PR]

# by chip_of_schna0162 | 2013-04-30 10:35 | 庭園 公園