2011年 06月 25日
レンゲツツジ
21日(火)、大震災から中止していた「城西フォトクラブ」の撮影会が約3ヶ月ぶりに開催され、山梨県韮崎の甘利山でレンゲツツジの群生を撮影してきました。
我が家から傘を差してテクテク田無駅の集合場所に6:45辿り着き、マイクロバスに乗り込みます。
7時に出発、7:15三鷹駅北口で中央線沿線の会員が乗車し20人全員がそろって調布ICから入りましたがガラガラ、これほど空いている高速は初めてのような気がします。

韮崎ICで降り、甘利山の山道をマイクロバスが時々喘ぎながらヘアピンを上って行くと途中からものすごい霧です。

しかし駐車場には多くの乗用車とマイクロバスが来ており、我々も下車して小雨の中でレインコートなどを着込み雨対策です、中には山岳部の写真班のような重装備の方もいらっしゃいます、逆に私が軽装備過ぎないか?と不安になるほどでした。

不安が大当たりです、レインコートのみ持参でジーパン姿に運動靴タイプの皮製ジョギング用靴(防水ですが)を履き、さらにグチャグチャにぬかるんだ登山道を苦労をしながら約200m登って行きます。
既にジーパンもシャツもレインコートの下で濡れてしまっています。



山頂に着くと雨が上がり、濃い霧が足早に流れて行き、綺麗なレンゲツツジの群生越しに甲府?の市街地が束の間に見えたりします、残念でしたが富士山の稜線が一瞬見えただけで優美な姿は撮れませんでした。
c0105807_15483536.jpg


真っ赤、オレンジなどですばらしい景色ですが、山頂に貼ってあった35年前の写真を見ますと、まさに群生と言えるほど山腹が真っ赤です、現在は間引きされたような状態になっていますが私から見ると群生していると解釈するほどの感動を覚えます。
c0105807_15574470.jpg

真っ赤に彩られた山腹の所々に咲くオレンジ色のレンゲツツジも見事です。
c0105807_1604396.jpg

すぐに小雨が降り出し霧が発生します。
c0105807_1613589.jpg

山頂手前の小山には木道が設置されて花達を保護しています。
c0105807_1645767.jpg


F値が不足していたのかな?、手前のレンゲツツジはボケボケですね、まだまだ未熟者です。
山頂でお昼になり、雨の中を仁王立ちの状態でおにぎりを食し、そのまま写真を撮りながら下山です。
(ガニ股ですが以外にもジーパンの裾が少し汚れた程度で済みました、ただし靴の中には浸み込んでいないようでしたが靴の周りは泥だらけでした。)

濡れたカメラにタオルを巻きザックに戻し、レインコートは丸めてザック後部に収納してバスに乗り込み、汗と雨で頭と衣服はびしょびしょですが我慢我慢!で次の撮影ポイントに向かいました。

帰宅後、早速アルペンにて初心者用のトレッキングシューズ(汗かきですので防水で通気性の良いそして軽やかに歩く気分になれそうな、いかにも軽く見えるオレンジ色の派手な靴)を、足首防水用のカバーと一緒に購入したのは云うまでも有りません。
(若いころは山岳部でしたのでアイゼンを装着する事も有り、底が固くて重い皮製登山靴でしたが現在はそこまでの登山はしませんので出来るだけ軽く靴底が少し柔らかな動きやすい靴にしました。)

・・・・・・最近、年齢を重ねる毎に派手好みになって来ているような気がします、まだまだ気持ちだけは若い積りですが?!。・・・・・・

使用機材:PENTAX K-5+DA★16-50mm F2.8+Tamron SP AF70-200mm F2.8 MACRO(Model A001)
[PR]

by chip_of_schna0162 | 2011-06-25 16:15 | 自然


<< アジサイ寺      高幡不動尊アジサイまつり >>